スキップしてメイン コンテンツに移動

電源回路

各チャンネルには、アイドル電流が59mAピーク出力時には65mA(250、65mA*2=130mA 必要になります。 アンプに適した整流管を選択するには。全波整流器の平均プレート電流は、全負荷電流のちょうど半分です。整流器の半分になります。(整流管のアノード) EL 250V I L 130mA 2ch Vin 120V f 60Hz Ipdc=IL/2 =130/ 2=65mA 「 1」 で250V 入力コンデンサは半サイクルごとに部分的にしか放電しないため、サイクル間でコンデンサが放電する電圧をプレート電圧が超える場合、ダイオードは次のサイクルのその部分でのみ導通できます。 これは、コンデンサの充電電流が平均プレート電流よりも大幅に大きくなければならないことを意味します。ここで、仮定を立てます。真空管整流器の典型的な性能に基づいて、プレートあたりの実効ピーク充電電流は平均電流の 4 倍であると仮定します。ピークプレート電流はより複雑です。 Ipmax=4Ip = 4 * 65mA=260mA 「2」 これより整流管の選択をします。決定を下すには、チューブのデータシートを確認し、最大定格と電圧降下を調べ、ある程度の判断と経験を適用する必要があります。 最大プレート電流の推定値はすでにあります。しかし、ダイオードのピーク逆電圧はどうでしょうか。  つまり、全負荷の時は逆耐圧に状態にあります。 整流器のピーク逆電圧は、負荷電圧にセンター タップされた 2 次側の半分からのピーク AC 電圧を加えたものになるように、仮定することをお勧めします。2 次電圧はまだわからないので、その RMS 値はV Lと同じであると推定します。これは、ピーク逆ダイオード電圧が次のようになることを意味します。    Eo+√2Eo= 2.41*250V=603V 「3」 ここで整流器の電圧降下が重要になる、アンプがアイドルの時には、1表になり フルパワーに近くなると、引き込みの影響でサグが出ます。この影響は、シングルでは少ないですが、AB B クラスになると大きくなります、これの影響をできるだけ、小さくするのが、忠実度の高い、アンプにすることができます。しかし、たるみを最小限に抑えることが常に最良の設計選択であるとは限らないこともあるので、注意が必要です。時には、独特の歪みと音質を生み出すます。これは一般的には当てはまらないため、Ghost アンプの場合、サグを可能 な限り制限したいと考えています。サグを可能 な限り制限したい。 真空管にどのくらいのサグがあるかを使用真空管から、予想が必要になります。  5Y3 など) は、特定の電流に対して最大の電圧降下を示し、電流が増加するにつれて電圧が最も低下または変化します。ラインが浅いチューブ (5AR4/GZ34 など) は、特定の電流に対する電圧降下が最も低く、電流が増加するにつれてサグが最も少なくなります。しかし、どのように選択するかという問題は残ります。

コメント

このブログの人気の投稿

16cmオンボロスピーカーに

 16cmオンボロスピーカーに、ペントードのシングルアンプを接続、いい立ち上がりが聞こえてきた、それに普段よく聞こえなかったソフトがいい訳ではないが、素直の聞こえてくるし演奏の良さがよくわかる。 なんとも先入観とは恐ろしい、ペントードと聞いただけであれはダメだと切り捨ててしまいがち、少しは、ペントードで遊んでみよう。

真空管増幅器で楽器や肉声の響きを再現する方法には。

 ※ 当ブログの内容は、正常な動作を保証するものではありません。あくまで参考情報として、参考程度に。   まずアンプ入力の信号をいかに変形しないで、スピーカーのボイスコイルに到達させるかが、最重要課題です。 阻害を引き起こす原因は、まず、No-3とNo-5の高調波の発生のの元を断たねばなりません、これにはいい手があります。もう一つは、電源回路で発生する整流時の発生ノイズが、信号波形を変形していることです。これは擬似的にでも電源インピーダンスと負荷インピーダンスとの関係を精査する必要性が出てきます。ここまで成功すれば相当再生音の肉声がそして細かい響きに、変化を感じられるようになるでしょう、まだこの先に、濁り音や(これは回路網のミスマッチなどが原因と思われます)回路中の静電誘導ノイズ、および誘導ノイズの低減が必要です、(特に最近の電源における雑音防止策が必要です。) 無帰還アンプのようにノイズに無防備なアンプほどこれらの対策が重要です。  

Coffee shopの紹介

日光市の駅前通りに誕生したCoffeeの美味しいお店の風景 駐車場も広い、昔ながらのこだわりのお店です。お出かけのさいは是非よってみてください。 良い音楽もサービスのうちです。 お勧めです!