2020年8月8日土曜日

kanboの摩訶不思議の世界、覗きに来ませんか?

 怠けた仕事をしてますが、好きな音のアンプになるまで何日もコネこねして自分の満足を勝ち取るので、世間からは怠けた仕事に見えるらしい、が多くのユーザーは、満足できたと言ってますが、本当のところはわかりません。しかし、真空管アンプといっても少し世間一般の音ではないのでしょうと少し認識してます。

いい音かどうかは別として 、ストレスなく楽しい音のようです。最近のyoshiba-sounds・・・摩訶不思議な音のようです。聞いてみないと音ばかりは理屈やデーターでは、表せないようで。

なぜかというと?周波数特性それなりなのに更に良くない方にシフト、してみたり、位相特性も真空管アンプからすれば、多くの技術者が、やらない方向にシフト、訳もなく自由に、出したい音を、捉えに行くのが好き、という変わり者らしい。kanbo という奴は。そんなところが好かれているのかな・・・・お前なんか嫌いという声が聞こえてきそうなそんな気がしてます。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿