2020年2月28日金曜日

真空管の直線ひずみに関する対策はあるのか


あなたならこの直線ひずみにどう対処しますか?この3次高調波ひずみは、レベルは低いのですがかなり悪影響です、それは元の信号を変形してしまうからです。対処方法はあなたならどうしますか?手立てはなくはないはずです。

2020年2月26日水曜日

真空管アンプにおける高周波ノイズと接地

1.   電源ラインと接地

アンプの設置は大きく分類すると電源回路の接地と、信号系接地と、筐体(シャーシー)と、があります。これらの分類は、取扱信号が、電源回路ではDC電圧とリップル、ノイズが重畳された信号を取り扱います。
信号系においては、主に交流信号です、また筐体の部分には、設置に間接的に接続されていますので、シールド効果が主な目的になります。

電源ラインの取り扱いについては整流回路、及ぶでカップリング回路で構成されていますが、ここは甚だ複雑に動作していますのでます回路の黄砂が必要になってきます。このページに興味のある人達は、すでに電気理論が知識としてお持ちの方と想像できますので、回路の斜め読みについて、初めてみたいと思います。


A.     整流回路による高周波雑音による障害

                i.         電源周波数が50hz、または、60hzですがこの周波数で整流回路を接続すると、両波整流回路では2倍、半波整流では等倍のスイッチングノイズが発生されます。一般的に今までの感覚では、大きな電解コンデンサーでダンプされているから問題ありませんという声が聞こえてきます、しかし、ここでは今は反論を聞くところではないので先に進みます。

              ii.         整流回路の説明文は次のように多くの文献がありますが、多くは電圧中心の説明が多く、電流系の歪みについての着眼した場合。問題に突き当たります。電流は。充電始めるポイントでは、スイッチオンが起きています。そして充電完了時にはoffモードになるときにトランス側では自己誘導のバックパルスノイズが、電源周波数の倍の周波数で発生しますが、電流波形を著しく歪ませているわけです。尖頭電流時は負荷電流の3倍、または、6倍の電流が流れると仮定してもかなりのノイズが発生することは、推測されます。例えば、このノイズが、基本はの3th hz付近になると(h+2h)とh+2h)の干渉は、鼠算式に発生してきます、これはレベルが例えば低いとしても、信号を別の形にしてしま振幅変調が発生することは否めません。

             iii.         これが発生してきますと。この高調波ノイズは不快な音に変形してしまいますので音響再生アンプには、由々しき事態を引き起こしますのでこの手のノイズの発生を極力防ぐことが重要と思われます。

             iv.         また、機器の外部からのノイズは、柱上トランスを介して、他の住宅の電気機器と結合されますので。この状態ではもしそれらの機器からノイズが発生が疑われますと接地ラインから経由してノイズが混入します。これを防ぐには、アンプの入り口で阻止することができます。

              v.         またアンプ自身が発生するノイズと誘導雑音、静電ノイズなども考えられます。これらの多くは漏話とか信号の濁りおよびノイズにウ萌えてしまうような微弱信号の消滅に関与するようです。

B.      静電ノイズのメカニズム。磁力線によるメカニズムは周知の通りです。電流が流れると磁力が発生しこれらの磁力によって隣接する導体に信号が誘導されます現象が信号を変形させてしまいます。また最近の被覆は光化学分子で構成された回絶縁特性を持っていますがこの絶縁等くせ右派その素材の中に動けない電荷をたくさん閉じ込めているとも言えますのでこれらに胴体の殿下が作用して帯電しやすいということではないでしょうか。この殿下は胴体の信号の変化をできるだけ阻害しようという方向に働きます。

C.      これらの問題は古くから論じられておりますが具体的にどうしろとはなかなかそんな文献位は出会いませんが、おそらく、電源回路の配線は信号ラインとは並行させずに話すかもしくは直行させるべきということになります、さらにグランドラインですが、終段ではカソードの接地が一つ目でドライバー段ではドライブ回路のカソードが接地ですので電源のグランドから単独で配線するのがよく、初段でも同じくカソードに単独でラインを引くのが正しいことになります。ここで注意が必要なのは、初段とドライバー段の動作が180度異なるため電源のグランド線とホットの配線はまとめないで離して配線するべきです。

さらにこの配線は、シャーシに設置することなく入力のグランド端子に接続するのが良いと思います。それは他の機器との接地がここで接続されるからループを作らないという目的が達成できます。各グランドの配線をどこにも寄り道せずに配線するとシャーシーに電流を流さずに済みます。そしてシャーシーをシールドケースとし他場合でも、うず電流や瞑想電流の防止に役立ちます。

2020年2月14日金曜日

これからの真空管アンプは。

2020年に突入して
革新的プロダクトをはじめないと古い時代からの優秀な送り物の真空管アンプは、今まで無視してきた考え方の見直しから始目なければなりません。
はじめに、現在の電子パーツの高性能化による潜在的問題に注意する必要性が出てきます。また、高絶縁性能の裏を返せば、動けない隠れ電荷の存在、また回路に流れる電流による電磁誘導の発生による信号の変形。電源トランスの高性能化によるスイッチングパルス性ノイズ発生などによる伝送信号ひずみの発生による濁りは重大問題となってきました、さらに長い時間、真空管回路網でのミスマッチング伝送の容認は定在波の発生を起こしております。これらの仔細なことがなぜ問題にするかといえば、昨今太陽エネルギーによる電力事情は、商用電源のノイズと周波数のズレによるひずみなどが考えられ、ACラインを通しての、ノイズの共有には、音響再生機器にとっての大きな問題になってきます。また、昨今の半導体アンプのデジタル化は、ノイズ処理のため澄んだ空気中の音源のような、透明度は得られることはなく、もやの中から信号を取り出すようなものでこの部分は、真空管アンプに敵なしの感じがしてなりません、澄んだ透明感の再現が可能、



そこで、真空管アンプのデザインを始める前にこれらを十分考慮して始めなければなりません。




2つの導体があり、一方の導体に電流が流れていれば近くにある導体に方向が逆の電流が発生します。このことによってもしbの導体に信号がないにも関わらず、信号が流れているかのごとき現象になります。信号の転写です、とすればこれで信号が他の線路に移ったことになり、漏話が始まるわけです。

同じく外皮に高絶縁体を使用すれば、ここの部分には静電誘導が起きていることは明らかです。絶縁体の内部には動けない電子が存在するわけですから、
これは子供の頃遊んだ下敷きを摩擦すると紙や髪の毛を吸い寄せる現象そのものです。

2020年2月8日土曜日

音楽の色気とか?音楽の味、深みとと言われる音とは?

これは意外と簡単なようで奥が深い、私たちは、ユニゾンと、ハーモニーの区別が難解の民族らしい、それは言語にもよく現れていて、英語圏の人たちは使っている言語はハーモニーで、私たちが使っている言語はユニゾンの違いが、音、又は音楽の検知能力に差が生まれるということのようです。



音楽を届けるアンプやスピーカーは、ユニゾンでなくハーモニーの再現が得意である必要性が出てきました、そしてさらにこのユニゾンはノイズに強くハーモニーはノイズに弱くすぐに消されやすいことも。そこを少しクリアーできたのはこれです。

音楽について、

ユニゾンは?ハーモニーは?この違いは何?ユニソンは同じように多くの人で歌うことでハーモには同じ旋律を別々に出して他の音を生み出すそうです、
実はこのハーモニーがCDソフトやアナログソフトには記録されているのですが、ではなぜアナログソフトはハーモニーがよく再現されて、CDの信号は再現されないのでしょう、不思議ですねー、アナログ回路とCD信号の回路に違いは考えると一目瞭然に違いがわかります。
アナログ信号は位相ズレを起しています、これはEQ回路による避けられない現象です。
CDについてはこの状態にはなりませんが、結果を見れば、私たちは位相がずれた信号の方が心地よく感じるようです。ここに大きな誤解がありますのでそれを修正せねばCDの信号は救われません。アナログのように、化粧していないのに、よくない音と蔑視されてます。本当に良くないのでしょうか?アナログのように記録されるときに周波数の変形はされません。サンプリングが良くないとの声が聞こえてきますが、これは信号をそのまま10に変えているだけです。ハーモニーの認識が苦手な東洋人は、ここを理解しようとしません。ハーモニーは音と音の間の時間差なのです。これが狂うと元に戻れません。これはCDとアンプの間にいろんな回路を接続してみるといろんなことがわかってきたのです。音波を、電気信号に変えるときに起こる変化はないのかということです。大変な変化が起きています。この先はまた後で。それをメインアンプで解決しようとして誕生したのがyoshibaアンプです。これはその実験機です。

2020年1月28日火曜日

色気のある再生音は真空管アンプはあるのか?

「個人的な、好みの話」
真空管アンプで、演奏の雰囲気感情な再現ができるアンプが好き、人によっては色気という人もおられます。私は響きといってきましたが、これが再現できるアンプはスーパーマニアも満足させるようです。CD信号でこれが再現でき流ことを最近知りました。しかも普通のCDソフトでです。

ジッタや時間ひずみ云々が言われる中そこの領域に入らない信号で再現ができていることは、以前信号伝送は40%程度の伝送でも元の信号と同じ人は感じるということが正しいようです。デジタルがない時代のアナログ信号の時代にもそんな感覚になります。これは周波数やひずみ率に関する特性はほぼ完璧と思って良いのかも、そのほかに問題となることは?何でしょう?ノイズによる変調やマスキングに目をやる人は少ない。このほかにみ位相ずれなど、スピーカーから放出する信号を変えてしまう要素はたくさんありますね。ここにはメスを入れるのは大変。でもこれだけノイズが多い環境ですと。避けては通れそうにない。

これを実験している変人がいた。

あの昔のヴィンテージアンプに肉薄する再現能力があるようです。

2020年1月26日日曜日

楽器や肉声の響きを再現するには。

低音の量が増えただけでは、ペントードなどでの音響バランスが良くなってくるとあたかも響きが聞こえてくると錯覚さえ覚えますが、実は楽器の響きの再現にはこの段階では無理です。この先があるのですが、多くの人はここで満足するでしょう、多くの東洋人は。しかしまだ、わずかに違う響きが聞こえてこないはずです。それは入力信号以外の音が出力波形についているからです。音響バランスは音楽再現に重要ですがさらに雑音成分の低減も必要です。
あらゆるノイズとの戦いになります。ノイズは元の信号の形を変えて信号のなかに入り込むため再生音が程遠いものになります。
この侵入者を退治もしくは低下させることができたら、そこが最終到着点です。
最近は作業中にはい!と返事ををしてしまうことが度々です、気配の再現がうまくいっているようです。時々振り向いてしまうから、