2020年8月15日土曜日

楽器の響きや、肉声はもとより、気配(空気感)までの再現を真空管アンプから聞くには?

 周波数特性やひずみに関しての認識を深く掘り下げる必要、

 電磁誘導から高次高調波の除去まで幅広く対応が要求されます。

 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿