2020年8月11日火曜日

 そんなに美人でなくても色気がれば絶世の美人に見えてくるから、不思議と楽しい。

真空管アンプの音も正しくそうに違いない。 とこの頃特に思うことが多い

真空管アンプのようなさほどいい特性とは言えないもののほうが、いい音に感じたり蓄音器のような幼稚な装置の音がいいと感じたりするのは響きのなせる技。

それでは、その響きとやらに長けている、アンプがどれほどあるでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿