2020年8月1日土曜日

真空管アンプに関して重要なことは?

それはなんといっても音楽が楽しく聞こえてくることです。多くのアンプはいい音のアンプは実に多い。優秀な技術者っがそれだけ多いということでしょうが、音楽が聞こえてくるアンプはさほど多くはありません。おかしなことを書くやつとお思いでしょうが、そんなアンプでも通用できると多くのアンプビルダーは、勘違いだけの話です。多くの欧米人は。たっっ未計算値で簡単に組み上げた、そんなアンプに耳を傾けないだけの話です。痛烈な悪態をこいていますが、ご容赦。音楽は、ハーモニとユニゾンです。各パートの人たちが作り出すユニゾンは、演奏者の心が、主張が音に載っているはずなのでそれが届いてこないのは、良いアンプとは言えないのです。これについて百瀬了介先生はこう申しております。信号を著しく害するものは、混変調ですと、これは何が大きな原因でしょう。一目瞭然奇数次高調波はのいたずらと広帯域の高調波ノイズです。この主な原因を探れば対処できます。真空管の非直線性の改善をどうするか?もうひとつは回路の整合不良における定在波の発生が元の信号を著しく壊すことはよく知られた周知事実です。


それらは対策は可能ですか。またHDはアンプの性能の良いアンプと思われがちですが計測方法を知ればあまりアンプの良い悪いの判断には関与してないこともわかるでしょう。
一番いいのはご自分の耳で聞いてみるのが良いということですね。ただ総和いっても小さい頃から半導体アンプの音に慣れ親しんだ人には、かなり難易度が高いかもしれません。


0 件のコメント:

コメントを投稿