2020年7月1日水曜日

意外なスピーカー

概略スピーカーなるものは、300hz付近からだら下りに音圧が低下しているようですが、各社なんらかの策を練り低域の特性を改善している様子です。

真空管アンプなどにおいても、周波数特性は、20付近まで出て吐いても実際は、聞こえてきません。特に無帰還アンプなどの傾向です。 アンプの方は負帰還で改善しようとしても実際は聞こえにくい。かといってトランスを大きくしてもやはり同じようです。スピーカーが原因かと思い、大型スピーカーに変えてもさほどの改善にはなりませんのは他に原因の見落としがあるやもしれないわけです。

0 件のコメント:

コメントを投稿