2020年7月30日木曜日

電磁ノイズ  tech web の記事参照してます。進化している半導体の世界

それぞれの結果を書き出しました。まとめると、周波数が低く、立ち上がり/立ち下がりが遅いと、スペクトラムは減衰することになります。EMCの観点からは、単純にはスペクトラムの振幅が低い方が有利になります。
20170711_graf_19
それぞれの結果を書き出しました。まとめると、周波数が低く、立ち上がり/立ち下がりが遅いと、スペクトラムは減衰することになります。EMCの観点からは、単純にはスペクトラムの振幅が低い方が有利になります。
  • ①周波数を高くする
  • ②立ち上がり/下りを遅くする
  • ③Duty変更
  • ④立ち上がりのみ遅くする
  • ⇒ 全体的にスペクトラムの振幅が増加
  • ⇒ -40dB/decの減衰に入る周波数が低くなり、スペクトラムの振幅は減衰
  • ⇒ 偶数次高調波が発生するがスペクトラムのピークには影響しない。
      基本波のスペクトラムは減衰
  • ⇒ trの成分がより低い周波数から減衰


0 件のコメント:

コメントを投稿