2020年3月21日土曜日

yoshibaーampの理念

反射波の存在と音楽信号伝送の関係、


リターンマージンをよくすると。低レベルのノイズ成分が増えてきますが、なぜか?スピーカーから放出される信号は実の心地いい。一方がいい値になると、別の値は、よくない方に動くようでなんともこの兼ね合いが、微妙ですが聴感ではリターンが良い値(リターンが少ない)の方が伝送信号が心地いい。ノイズレヴェルの上昇は微小信号が打ち消されないと言うことらしい。
  簡単に申せば、信号伝送路は常に整合を取ることが重要ですと言うことになります。アンプ内部回路を見てみるとほとんどはこの整合は無視されているように見えますが、単純位考えれば、前段回路の出力インプーダンスの、約2〜3倍の入力抵抗にすることで、整合が取れた状態にすることが可能です。これによって、伝送信号は繊細な信号まで伝送できることになりますが、この時、リターン信号が減少するため、リターン信号によるノイズ成分の減衰がなくなるために、計測値のノイズレベルは値が上昇して悪化します。しかしこの数値は微小なため聴感では検知されず、音楽信号の美しい部分が消滅されずに私たちの耳に届いてくるわけです。

yoshiba-ampは、この現象に着眼しました。



0 件のコメント:

コメントを投稿