2020年3月20日金曜日

信号伝送の要とノイズによる信号に消滅。

この図のように、基本はの他に3次5次、7次と奇数はの高調波が発生しますが、この原因はなんでしょう?そして元の基本はにはない波形を生み出してしまいます。これが真空管アンプや半導体アンプの内部で起こっていたら、スピーカーまで、送り出す時には、元の波形とは違うものになってしまいます。kanboはこれを従来のように負帰還で、抑え込むのではなく。発生そのものを減衰させればいいという発想でアンプの設計を方向転換しました。
実に心地よいハーモニーがゲットできます。まずは,yoshibaアンプを知ってください。

0 件のコメント:

コメントを投稿