2018年11月6日火曜日

嫌われ者だったアンプが、こうも素敵なアンプに変化する


醜い音のアンプでしたがこれに音響バランスを取るため回路を変更した途端、驚きの毒気を含んだ素敵な音のアンプに変化しました。
響きとはなんでしょう?私が推測、(時間)音の早さなのか?どちらにしても凄まじく生音を連想させる。今までこんな音のアンプに出くわしたことはありません。まだ若くて未熟なころではこの音に出会ったとしても良さには、気がつかなかったに違いない。
でもこのアンプどう聞いても生音に連想させられる。シーメンスのアンプがどうも気になって仕方がない。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿