2018年10月24日水曜日

古典回路の考察

古典回路の考察



この回路の5ufは入力信号をグリットとカソード間に入力することが目的です

そうすることによって出力信号のが逆相分とかち合わないために設けてあります。出力信号はトランスの両端に発生するため4UFを経由して閉回路となりますが4UFを信号が通ることに変わりはありません。
かsーど側にバイアス抵抗などがあるときには顕著に違いが現れますが。一般的に現代のトランスの性能が良いために雑味がたくさん形成されます。このために現代では5UFの回路は省略されていますが理論的にはコンデンサーの5UFの役割は大きく。響きの再現には欠かすことができません。


127AのB+に封入されているLはOUTPUTトランスの音響バランスを補う目的のもので中音域の高い方の成分の出力を抑えるためのものですが出力信号がこのトランスで消費されますので最近の回路には見られませんが無帰還の大出力3極管アンプにはとても有効です。しかし出力のロスも大きいと思いますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿