2018年2月7日水曜日

トランスは不思議です。

シングル特性のいろんなことがあります。
磁気飽和の現象は、アンプの信号の大きさで実験して、しることができます。
巻線を計算の通りに巻きました。ギャップが計算の通りでは、どうも少ないようです。計算より大きくとって見ました。
音の表情が大きく変わりました。
従来の、計算して出た答えだけではうまく動かないトランスになって、しまいました。
シングルトランスより、プッシュトランスの方が性能を取り出せそうです。
カットコアーなので自由にインダクタンスを減らせる利点を利用して見た。通常より3倍程度の狂いが発生した、再度測定しなければ判別できない。

0 件のコメント:

コメントを投稿