2014年12月3日水曜日

アンプの出力 その2


よくトランジスターの出力と真空管の出力は違うのでしょうと言われる話を耳にしますが、論理的には同じですが、真空管アンプとトランジスターアンプとでは動作の様子が違ってきます。この件は次回として真空管の10Wのアンプがあったとしましょう、もう一方が100Wのトランジスターアンプがあったとします、同じ能率のスピーカの場合、ですが10wの大きさの音の2倍の大きさが欲しくなったとしましょうこのとき私たちの耳には10X10w=100Wの出力が必要になるのです。これでお分かりでしょうが100Wのアンプと言っても10wの2倍の音圧を得られるだけに過ぎません。100倍の音圧がえられる訳では有りません。これで納得!

0 件のコメント:

コメントを投稿