2013年5月30日木曜日

和みのサウンドは?


柔らかさだけでは満足しないhi-endユーザーの心をくすぐるサウンドは従来の回路技術だけではむずかしいでしょう、と考えて視点をかえて設計の変更と実験を重ねトランスの試作で新しい境地のサウンド、ぬけがいい、中音が厚い、ダイナミック感が広い。

0 件のコメント:

コメントを投稿