2012年11月12日月曜日

刺と毒のあるアンプ


刺のあるアンプを若い頃はずいぶん製作してきたものだ!それは刺だけでなく毒をも持っているから始末が悪い?
まるで、ワイルドな女のようだ、使いこなすのに躍起になるので楽しいのだそうだ。
最近のアンプは熟女のようなできばえのアンプで素晴らしいと褒められるはずと思っていたが、ユーザーはそうでもなさそうだ。
ただ、刺があっても刺だけではだめなようである。どこか魅力的な刺でないと納得しないアマノジャクが多いようだ!
毒があるから、やれコードとかインシュレーターとかいろんなグッズに手を出してあげくはオカルト的な物に飛びついてしまう。
どうにかこうにかじゃじゃ馬を乗りこなせたときは快感のようだ!!!!でもそれは邪道といっても、
完成度の高い熟女は触っていじると壊れそうで楽しくないそうだ、、Wo〜Wo
全くアンプ製作者はどちらを作れば良いのだろう????

0 件のコメント:

コメントを投稿