2012年8月26日日曜日

300B-PPでたおやかな昭和の癒し

プッシュアンプの凄さに挑戦1全くの帰還に頼らず歪みの感触を最小限をめざしてインプット、ドライバートランス、出力トランスまで全て製作との夢を実現した,怒力の結晶はまさしく最高!!!!

2たおやかな音に毎日が恍惚の日々。昭和の録音も素晴らしい,今のうつろな音の羅列と違い、 歌詞も歌い手の技量による解釈でまるで生き物の様にメロディとコラボするさまは、心を打つのは歪みの打ち消しや位相の管理がうまくいった証拠!

この穏やかな響きの中からリアル感や、感動はどこからくるのか?製作者本人にも感動をくれる昭和のサウンドの不思議な境地に浸る事が出来た。

今までの癒しサウンドから更に上のステージに到達した事にちがいない 。
これだから,オーディオはやめられない。いろんな機会にこんな感動を新鮮で鮮烈に私の胸をかきむしり、ハートに衝撃をくれるホビーは他に私は知らない!!!!
300Bと名の付く真空管がたくさんある中手に入りにくいウェスタンをさけて実用になる真空管に出会った気がする。
ドラゴンを始めイミテーション300Bのいい加減さに、嫌悪感さえ覚えていたがここまで謡ってくれたら 、充分に手が届きそうな気分になってきた。

 穏やかななごみのサウンドが買い手をのこころをワシズカミにに出来る条件はただ一つ本物志向でフラットだけが良い音には繋がらない。造りての心の鍛錬といつも上をめざす心情がチャンスと感動をくれる!と信じて割らしはやまない。

 駄物ほど宣伝でよく売れる????本物ほど深く隠れて潜行しているのが常。有名無力とはよくぞ名言!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿