2012年5月21日月曜日

WEのTRANS

 友人からトランスの本が数日前に届いた!早速文献を読みあさってみた、読んで行くうちに、昭和の音が色濃く書いてある本だと気ずいたので、昔のトランスの構成に今の優れたコアーを採用したトランスを作ることにした。
 幸いにOTLアンプが手元に修理にきている。トランスアンプと聞き比べをしてみよう。
さっそく仮止めの状態で出来上がったトランス使用で音だしをしてみた。
国産のワイヤーで音が枯れている?WEの音に似ている,昭和の音だ!やけに音の押し出しがよい。パワフルな感じは超弩級。今までにも、音の離れな素晴らしいと自負していたアンプなのだが桁違いによい?これは何事だと驚きだ。
高価なweの製品を購入せねばあの枯れた音やかすれた音は無理と思っていたが、購入せずに済む。
迫力、中音の懐かしさ、低音の量感の凄さは圧巻そのもの。
これであの怪しい音がするではないか????
WEの音は良い音を知らないものが手を出すと,殆ど聞くに堪えない音が多いが、成りだすと凄いに違いない。
トランスの匠がもうすにはコアーはあまり音には関係しないの言葉が実感!!!!!
何事も自分で実験せねば,噂と迷信に振り回されっぱなしのオーディオ人生なんて最悪だもの。自分で確かめた実感は感動に値する。
高価なトランスで高性能のうたい文句とはうらはらの自作トランスがこんなにすばらし昔の音を聞かせてくれる現実は何なのだ、
良い音を知らない物同士の迷い路の現代、悪くても買ってしまう人たちが多すぎるには,あきれてしまうこの頃だ。と付くずく感じてしまった今日だ!
また一歩音にグレードがあがった気がしてうれしくなる。

0 件のコメント:

コメントを投稿