2012年5月16日水曜日

<ワイドレンジのトランス>などと言うマニアは?

<ワイドレンジのトランス>などと言う!
評論家もマニアも、まだ駆け出しよ!趣味の世界にどっぷりしたれば、見えてくる物は?
本物の悦楽!音も六半からスタートして大型を走破したらヤッパリ六半か?20cmフルレンジ?これも、大型で苦しまないと見えてこない。すばらしい世界が有るんですよ。
私だけの,あなたのために、謡う装置は素晴らしい、低音がどうのとは言いたくないが。容姿端麗でいてグラマーは心が和むに決まっています。
そんな良い音がめざせる人は幸せ者よ!
話を戻せば、ワイドレンジになれば、届いてこない音がある、あまり狭すぎると汚い音になるし。たくさん修行しないと良い音にはたどり着かないのが常。
 日立金属の開発したファインメットコアーのトランス
今までのコアーと比べれば相当高性能飽和レベルも高いとか(受け売りなので真空管トランスに最適かは測定確認はしていない、あしからず)
 ファインメットコアー、日立金属製かなり薄い金属にしてある。
これは,EIコアーのout-put
これでも製作し方では十分な再生音が出せるから,真空管オーディオは奥が深い。

0 件のコメント:

コメントを投稿