2011年9月14日水曜日

恍惚の真空管PX-25 Part-2



こんなに綺麗なPX-25を初めて見る。多分1968年頃日本に来たようだ。日本では
このような真空管が手に入る様になったのは1965年以降浅野オーディオ協会長による試作記事の紹介から始まる。
300Bの音を知る人はたくさんいると思うがPX-25やDA-30,DA-100を知らなくてはまだ,まだなどと先輩たちに言われたものです。
こんな真空管は一部のマニアの手に入ってオークションやネット販売などに出る事は殆どないと思われる。
最近の25はほとんどが香港経由のものだそうだ?ヒーターがよく切れるとかノイズが出るネットで早く売ってしまえというのだそうですが噂なので定かでは有りませんが?
いずれにしても本物のPX25の音は凄いの一言で,音楽を聴くのが楽しくなります。
 真空管クラブ

0 件のコメント:

コメントを投稿