2011年3月11日金曜日

試聴とデーターの狭間

  • 試聴だけでアンプの調整はとても危険な話です。よく無帰還アンプは音が良いとの話は耳しますがそれには暗黙の決まり事があるようで何もかも無帰還がよい訳ではないはずですです。
  • ビーム管や5極管などを始めたらきっと帰還のお世話にならねばとの結論に成るはず、しかし、天下の名刀も帰還という技術を誤れば勿論100害あってよいとこはありませんでしょう。
  • 使うトランスの特性と回路の時定数の微妙なバランスの絶好のポイントがありそこが見つかれば今までの噂を覆す絶妙なアンプが手に入る訳でその道のりがまた,マニアに取っては凄く楽しい領域で幸福を感じる時間でもある訳で、
  • 積分回路や微分回路駆使したアンプが殆どビンテージアンプとして過去の時代から君臨しているのはプッシュプルアンプが多い様です。
  • また,試聴できる環境によっても,良い音の基準が変わってくる様です。お隣を気にしながらしいさな音量でしか楽しめない環境ですとあまりアンプの違いが現れません。CDのトランスポートなどでも同じような事が言えます。お店などである程度音量を上げて試聴される場合はアンプの違いが顕著に現れる様ですがそれが果たしてユーザー環境に合うかは別問題で,この辺にアンプの評価が分かれるゆえんでしょうか?
  • 四畳半的試聴ならシングルで充分、オーケストラ風に試聴を望むならプッシュプルアンプが優れている様です。


これはまた,プッシュアンプが小音量に適さないとの事ではなくプッシュで聞く小音量域のすばらしさは格別たのしみがあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿