2010年12月14日火曜日

6L6系のアンプ

7581は設計がはまると素晴らしい、いい音がする。切れも良いし迫力がもあるかつてのビーム管ではない、凄みもあるその上、クラシック等は滑らかに豹変するjazz等はこの上なく歌うがポップスも半端ではない。
カソード巻き線付きの回路の調整を始めないと帰還回路が軟弱のようなところを調整し直しするつもり

0 件のコメント:

コメントを投稿