2010年10月26日火曜日

中国製アンプ

中国製アンプに真空管を取り替えただけでも音は変わる,それいいとか良くないとかのレベルの方はそれで楽しむのもうれしい事でしょう。
実際かなりのマニアでもテレフンケンやRCA,GEがいいとかけんけんがくがく、でもその上のアンプがあるのも事実早く卒業して上のランクに来てほしいものですと思うこのごろです。そこからが本当に面白い真空管アンプの世界が広がってきそうな想いがします。
最近の真空管は3〜4ヶ月でエミ減になる真空管や、8〜12時間連続運転で突然ハムが出るような製造不良の真空管などが大きな顔で販売されている、こんな銘柄信用できないのも事実。
半数以上ゴミになってしまう中国の真空管などはどう信用したらいいのか頭が痛くなってしまう。
中国産すべてがこんな球とは言わないがこれで困っている現状を冷静に知るべきだ。
現代の方は気の毒ですねいい音も聞かされなければ解らないし、いい真空管も手に入りにくい世の中、いつの間にか、少しずつ、嘘で武装した世の中になってしまったのか。悲しいものだ。一部の球屋さんなどは国会答弁の大臣気取り文句を言えばこちらが技術のない悪者にされかねない。
50ねんも真空管を触ってきたが最近の真空管を使うまでこんな変なトラブルは一度もなかったですが、最近は様変わり、変なトラブル当たり前?
TVゲーム感覚でパキスタン国境の空爆をニューヨークのオヒスからコントロールして攻撃できる世の中だから、私もそろそろついていけなくなったのかと諦めかけているところです。

0 件のコメント:

コメントを投稿